Googleアナリティクスでわかるアクセス数|無料で導入できる

複数サイトの比較

パソコン画面

複数の広告サイトや通販サイトを運営している場合、同じ会社が作成したサイトであっても、訪問者数に違いが現れる場合があります。複数の広告サイトを作成した場合、内容が全く同じでは意味がないので、どの会社でもサイト内部の構成や広告対象をずらして作成するものです。もしも片方のサイトにだけたくさんの人が訪問するような状態であれば、どの点が消費者に受けたのかを調べる必要があるでしょう。そこで活用することができるのが、Googleアナリティクスです。このシステムを導入することで、運営している複数のサイトを分析することができます。Googleのアカウント一つで、Googleアナリティクスでは100個ものアカウントを利用できます。Googleアナリティクスによるアカウント一つで、50サイトの分析が行なえるため、実質500サイトもの数を分析することができるのです。ウェブ上でさまざまなサイトを運営している会社であれば、このGoogleアナリティクスを導入することで、自社で扱う全ての広告サイトを比較、分析することができるでしょう。

Googleアナリティクスを用いてたくさんあるサイトを分析するには、ツールバーのアナリティクス設定をクリックすると良いでしょう。新しいプロパティからトラッキングコードを設置することで、新規のサイトが表示されるようになるので、これにより複数サイトの分析が行なえるようになります。サイトの訪問数の違いは、サイトに記載されている情報の質だけが要因とは限りません。サイトの構成の良さや、検索エンジンに表示されやすいキーワードを含んでいるかといったことも、訪問者数には大きく影響するのです。訪問者数が伸びないサイトと、たくさんの人が訪問しているサイトを比べることで、どのような構成のサイトが利用者に好まれやすいかを調べることができるでしょう。