Googleアナリティクスでわかるアクセス数|無料で導入できる

日にちを特定して調べる

地球

Googleアナリティクスを導入することで、特定の日を限定して訪問者のデータを調べることができます。Googleアナリティクスでは、ログイン時には約一ヶ月間のデータが自動で表示されます。一定期間の訪問者に関するデータ推移を調べることで、広告効果に関するデータを調べることができますが、特定日に関する詳細なデータが欲しいという人もいるでしょう。企業で開いた説明会などのイベントの効果で、どれだけの人がホームページに訪問してくれたか調べることができます。また、広告のために多くのサイトと提携を結んだ日を調べ、提携サイトからどれだけの人が流入したか調べることもできるのです。特定日に行なった広告活動に関する効果を調べるためには、その日一日に訪問した人を詳しく調べる必要があるでしょう。Googleアナリティクスを用いることで、広告効果に関するあらゆるデータを柔軟に集めることができるのです。

特定日に関するデータが欲しい場合、Googleアナリティクスのカレンダーから日付をクリックし、期間カスタムの欄に特定の日付を入力することで調べることができます。一ヶ月間の特定日に関する情報を把握できるほか、数年前のデータを遡って調べられるので、さまざまなデータの集積を行なう場合に用いることができるでしょう。特定日に関するユーザーの情報や、時間ごとのアクセス数の増減も調べることが可能なので、非常に綿密なデータが得られるでしょう。