Googleアナリティクスでわかるアクセス数|無料で導入できる

訪問者が多い時間がわかる

案内

自社のサイトを訪問する人がどのような人か調べるには、時間帯ごとのアクセス数を調べると良いでしょう。午前中にアクセスが多ければ、自宅にいる専業主婦や高齢者の人が主な利用者だとわかります。正午から一時、二時までの間であれば、会社勤めの人が昼休憩時にアクセスをしていると理解できます。夕方ごろにアクセス数が多ければ、帰宅した学生が主に訪問していることがわかるのです。このような情報から、きちんと自社サイトにターゲット層がアクセスしているか調べることができます。狙ったターゲット層が見てくれるよう作成することは広告の基本です。Googleアナリティクスを用いることで、時間帯ごとのアクセス数を調べることができます。ターゲット層への広告における効果がわかるほか、今までターゲットとは考えられていなかった層を発見することもできるので、新規の客層開拓にも活用できるでしょう。

Googleアナリティクスの利用によって、アクセスが集中する時間帯を調べることで、サイトを更新する最適な時間帯も把握できるでしょう。期間限定の商品やサービスを告知する場合、より多くの人がアクセスしてくれる時間帯に情報の更新を行ないたいものです。情報が更新されたことはサイト内でも表示されるので、サイトを訪問した多くの人へ新情報に興味を持たせることができるでしょう。特に期間限定のサービスに関する告知であれば、利用してもらう期間が短いので、より早く情報を訪問した人に伝えたいものでしょう。Googleアナリティクスを活用することで、このような情報の更新も効率的に行なうことができるのです。逆にアクセス数の少ない時間帯が分かれば、サイトやサーバーの不具合修正やリニューアルなども利用者に影響を与えずに行なうことができます。よりよい広告サイト運営のために、Googleアナリティクスは重要なシステムといえます。